FC2ブログ

僕らは唯、叫ぶしかなかった。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

儚き夢だった。

「人は自由と平和を手に入れるため、戦うしかない。」
(お前らいっぺん死んどけ。)





「運命」
こんな二文字で片付けられるほど、僕の人生腐っちゃいない。
(自分の路なんか、簡単に変えることが、出来るんだから。)





敵だから、殺した。
(だって、敵だったんだもの。)






生きたいと、思ってしまうだろ。
死にたくないと、思ってしまうだろ。
(そんなに優しく、しないで。)





共感してくれた方たち!どうぞポチー。




スポンサーサイト

テーマ:自由詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/10/11(水) 23:48:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://suwarou.blog52.fc2.com/tb.php/24-f155e0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。